NO IMAGE

エアスピネル通算9回目のGⅠ挑戦に名馬キングヘイローの記憶が蘇ります。(今週の予想:フェブラリーステークス)

エリート血統のもとに生まれながら、なかなかGⅠタイトルに手が届かなかったキングヘイロー。試行錯誤を繰り返しながら、通算11度目のGⅠ挑戦で高松宮記念を制覇します。ファンとしては今週フェブラリーステークスに出走するエアスピネルを彼の姿に重ねてしまいます。